- 月猫館の住人 -
お屋敷に住んでる、変わり者の娘たち。
美夜 ( みや ) 秋の月下弦の生まれ。 月暦:第12齢
このお話の、いちおう主人公。
性格はとても温厚で、臆病。 少し人見知りするところもあるが、
基本的には島の中にしかいないので、あまり問題はない。
反面、好奇心は、けっこうあったりする。

自他共に認める読書好き。
あと、散歩とひなたぼっこが趣味。

肌の色が濃いのと、幼児体型なのを、密かに気にしてたりもする。

美憂 ( みゆ ) 春の半月の生まれ。 月暦:第16齢
美夜のお姉さんで、現在の「月猫館」の当主。
小さいころから、赤ん坊の美夜の面倒を見てきた。

かなり活発な性格で、「月の猫巫女」として、島の人々に慕われている。
気が向いたら、たまに男前になったりもするが、
しょっちゅう何かを企んでいるせいか、見かけによらず、腹黒い。

10年以上前に行方不明になった母親の跡をついで、
美夜に隠れてなにか生物学的な研究をやっている模様。

胸と尻がやたらでかい。あと、エロい。

ソフィア 春の下弦の生まれ。 月暦:第24齢
けっこう昔から、この屋敷にいた人間の娘さん。すげえ巨乳。
今は住み込みメイドさんとして働いているが、美憂が物心つくまで、
姉妹のお母さんに仕えていたらしい。

おっとりとした性格で、何を考えてるのか、よくわからない人。
料理と掃除と昼寝が大好き。

登場は第4話。
細かい設定は、あとづけさくさく、ってことで。